サイズや生地がポイント!?犬の洋服の選び方

By | 2015年8月22日

少し大きめのサイズにする

犬の洋服を選ぶときに最も気にしなければならないのが、サイズですよね。洋服を購入する前に、犬の背丈や首回り、胴回りのサイズを測っておきましょう。注意したいポイントは、測ったサイズよりも少し大きめのものにすること。身体と洋服の間にある程度のゆとりがないと、犬が苦しくなってしまいます。気に入った服が見つかったら、できれば試着させてもらいましょう。表示のサイズとは合っていても、実際に着ると合わないこともあるからです。

季節によって洋服は着分ける

犬の洋服選びでは、生地の素材も重要なポイントになりますよ。季節によって洋服は着分けるべきなんです。犬は身体を毛で覆われていますよね。なので、夏場は洋服を着ると余計に厚く感じてしまうのです。暑い日は、薄手の生地のものを選んで必要以上に暑がらせないようにしましょう。逆に冬場は、防寒機能のあるものがおススメ。毛で覆われているといっても、犬にとっても冬場は寒いものです。散歩のときなどは暖かい洋服を選びましょう。

生地の伸縮性や丈夫さも大事

生地を選ぶ際にもうひとつチェックしておきたいポイントは、伸縮性のある素材かどうかなんです。犬は身体を曲げ伸ばしたり、ジャンプしたりと大きな動きをします。洋服に伸縮性がないと動きにくくなり、犬にとって大きなストレスとなってしまうのですよ。また、洋服の生地が丈夫なのも大切。激しい動きですぐに破れてしまうようなものでは困りますよね。それに、繰り返し洗濯をして使うことを考えれば、丈夫なのが望ましいはずです。

犬の洋服には防寒着からオシャレ着、レインコートまであります。今ではとても種類が豊富で、ワンちゃんオシャレアイテムの1つです。